保育士資格を取得するには?

保育士の資格を取得するには2つの方法があります。『保育士養成課程を修了する方法』と『保育士試験に合格する方法』の2つです。自分の生活スタイルや状況によって選択できます。

▼保育士養成課程を修了する方法

厚生労働大臣の指定する保育士を養成する学校、その他の施設に通い、所定の単位を取得し、卒業すれば保育士資格を取得することが出来ます。

◎4年制大学の保育士養成課程を卒業する

◎短大の保育士養成課程を卒業する。

◎専門(専修)学校の保育士養成過程を卒業する

◎上記以外の養成施設の保育士養成過程を卒業する

上記の学校や施設で、保育士養成過程で所定の単位を取得し、卒業すれば、保育士試験に合格しなくても、保育士の資格を取得することが出来ます。
※4年生大学以外の場合、昼間の学校は「2年間」、夜間、通信の場合は「3年間」の養成過程を受けなければなりません。

▼保育士試験に合格する方法

保育士資格養成過程を卒業しなくても、毎年1回、都道府県知事の実施する保育士試験に合格すれば保育士の資格を取得することができます。但し、保育士試験は、以下の受験資格があります。

◎学校教育法による大学に2年以上在学し、62単位以上修得した者(修得見込者も含む)。またこれと同等の資格があると認められた者

◎平成8年(1996年)3月31日以前までに高校保育科を卒業

◎学校教育法による高等学校を卒業した者で児童福祉施設において2年以上児童の保護に従事した者

◎児童福祉施設において、5年以上児童の保護に従事した者

◎上記にあげる者の他、厚生労働大臣の定める基準にし従い、都道府県知事において適当な資格を有すると認定された者

上記のいずれかに該当しなければ、保育士試験を受けることが出来ません。

※実務経験は、児童福祉法に基づいて設立されている認可施設で、原則として1日6時間以上、且つ、1ヶ月20日以上で2年間の勤務が必要とされています(無認可保育所での実務経験は認められていません)。

※卒業見込み、単位修得見込み受験をした場合、もしもその年度中に卒業できなかったり、在学2年間に満たなかったり、62単位以上修得できなかった場合は、保育士試験に合格しても結果は無効になりますので注意が必要です。

保育士の資格をとるならココ!

保育士資格

人気の保育士の資格をゲットしよう。自分を生かせる仕事を持とう!保育士は未来の可能性を秘めた原石の子供達の成長をサポートする大切な仕事!

保育士資格試験は、都道府県ごとに実施されている国家試験です。近年は男性の受験者も増えました。子供の心身の健やかな成長に大切な役割を担っている仕事です。

保育士資格の取得後の勤務先は、一般的に保育所と考えられがちですが、児童養護施設、知的障害児施設、児童自立支援施設等、活躍の場は広範囲に渡ってします。

また、年齢に関係なく続けられるので女性にとり、仕事の上でハンデとなりがちな結婚・出産も経験として活かせる有利な仕事として人気があります。

そして、資格を取得すれば就・転職、再就職に有利なほか、学んだ知識が自分の子育てにも大きなプラスになります。近年、少子化の一方で夫婦共働き家庭が増加し、保育士のニーズは上昇しています。資格人気もさらに高まっています。

保育士は、まさにこの時代に必要とされている職業なのです。資格試験は定員制ではありません合格に定員はなく、1科目60%以上で合格となります。

筆記試験は科目制、筆記試験の10科目は科目別に受験が可能です。。一度合格した科目は3 年間有効です。そして、筆記合格者のみが実技試験と進めます。実技試験の課題は受験要項などであらかじめ公表されます平成15年11月から、法定化され国家資格となりました。

保育士資格の取得を応援します!!

保育士の活躍の場

保育士は年齢に関係なく続けられ、仕事の上でハンデとなりがちな出産を経験として活かせる、女性にとっては特に有利な仕事です。最近の少子化の一方で、夫婦共働き家庭の増加で保育士のニーズが高まっています。また地域の子育て支援の役割や老人福祉施設など介護や福祉の現場や、ベビーシッターとしての活躍の場も広がっています資格を取得すれば就・転職、再就職に有利。

■児童福祉施設
児童福祉施設は、保育所の他に児童養護施設や乳児院、身体障害児施設など、全国に約1万ケ所あります。福祉の最前線での仕事です。

■ベビーシッター
最近増加の一途をたどっているのが個人宅でのベビーシッターです。女性の社会進出や核家族化により、子育てのプロの需要は増すばかり。個人で何軒かと契約するなど、フリーで活躍する方もいっらっしゅいます。

■デパート・各種スクール・イベント会場等
低年齢児を持つ若いファミリーが、デパート・各種スクール・イベント会場等に出かける際のポイントにしているのが託児施設のあるなしです。今後は各店とも争って託児施設を充実させると予想されます。

■企業や病院内
企業や病院が、子どもを持つ社員に安心して働いてもらえるよう設けた保育所です。勤務時間に合わせた延長・夜間保育システムは、共働き夫婦からの開設要望が高まるばかりです。。

■保育ママ
家庭福祉員は、乳幼児を自宅に預かり保育する制度で、通称「保育ママ」制度とも呼ばれています。自分の家庭で保育を行えるのがうれしいところで、保育士もしくは看護師の資格を持つ人などが従事できます。

保育士を応援するサイト@hoiku

保育士の仕事・求人・資格取得を応援!保育の仕事の相談や情報交換ができるサイトを紹介します。
■@hoiku
保育士・幼稚園教諭・ベビーシッターのコニュニティーサイト
http://www.at-hoiku.com/

以下、トップページの構成
[お役立ち情報]
保育のお仕事に役立つ情報を提供!

[こんな時どうする?]
保育士さんの困ったことや知りたいこと、気づいたことや学んだことをみんなで話しませんか?(保育士の掲示板あり)

[保育士のお仕事 求人情報ナビ]
『求人情報ナビ+V』で保育のお仕事を探そう!保育福祉の分野に特化した求人サイトだから、きっとあなたに合ったお仕事が見つかります。
・求人情報ナビ+Vはこんなサイト
・保育の求人情報を探す!

[資格あれこれ]
夢に向かって一歩を踏み出したい、STEP UPしたい、自分を磨きたい方必見の資格情報満載。
・JOBプラスカク情報ナビはこんなサイト
・保育の資格情報を探す!

保育士資格試験の概要

保育士/資格試験の概要

受験資格:
(1) 大学に2年以上在学して62単位以上修得した方(見込含む)
(2) 短期大学・高等専門学校・専修学校専門課程の卒業者(見込含む)
(3) 平成3年3月31日までの高校卒業者
(4) 平成8年3月31日までの高校保育科卒業者
(5) 上記(3)(4)以外の方で高校卒業後、児童福祉施設等で2年以上の実務経験がある方
(6) 児童福祉施設等で5年以上の実務経験がある方
(7) 都道府県知事が適当な資格があると認めた方 試験概要試験実施
筆記試験は8月上旬
実技試験は10月中旬

試験内容:
筆記試験:
(1)社会福祉 (2)児童福祉 (3)発達心理学及び精神保健
(4)小児保健 (5)小児栄養 (6)保育原理
(7)教育原理及び養護原理 (8)保育実習理論

実技試験(※筆記試験全科目合格者に対し実施):
(1)音楽 (2)絵画制作 (3)言語の3分野から、受験者が希望する2分野を選択

問題形式:
筆記試験はマークシートによる択一式
幼稚園教諭免許を有する者については、「発達心理学」(筆記試験)、「教育原理」(筆記試験)、「実技試験」の3科目が免除となる。

時間とコスト

保育士の資格試験受験にあたり、スクールや専門学校へ行かれる方も多いかと思います。「あなたなら、どういう基準でスクールをを選びますか?」授業料、自宅や勤務先からのアクセスできる時間帯、講座の曜日、テキストや問題集の内容など様々な条件を出てきそうです。なかでも重視する条件は、ずばり『コスト』でしょう。殆どの人が保育士の資格試験の受験のコストにおいて、専門学校の授業料やテキスト代、さらには通学ののバス代、昼食代などを含め考えます。ここまでは良いのですが、「最も大切なコストを忘れていませんか?」人生でいちばん高いコストは『時間』です。

保育士資格試験の受験者の中には、1、2回ではなく数回受験を繰り返している人がいます。長い期間受験に専念できる環境があるというのもすごい感じがしますが、もっと早い段階で合格して社会の第一線で、バリバリ働いていたとしたら、どれだけの有意義だったかを考えてみてください。働きながら保育士受験をする方も多いに違いありません。その間、プライベートな楽しみは規制しているはずです。保育士取得へ向けて勉強をするということは、時間というエネルギーを消費しますし、楽しみもロスします。そこには、大切なコストが失われていきます。また、受験のプレッシャーから多様なエネルギーを使うこともコストのうちに入るでしょうね。そういうことを考えると、資格取得へ向けた短期で集中できる体制を整えて合格を狙うことが重要です。授業料など目に見えるコストの他に、陰に隠れた目に見えないコストがあることを頭に入れて保育士資格取得へ向けた勉強の計画を立てたいところです。

資格試験の問題集

保育士の資格試験に限らず、試験勉強の時、同じ問題集を何度も解く必要があります。書き込みをしていくタイプの問題のときには、何度も解くためにコピーをとることが多いのではないでしょうか?2ページ見開きでコピー1枚10円だとして、一冊を丸ごとコピーをとると、もう一冊つ購入するのと、どちらか安いのかは、保育士資格の問題集の価格に寄ります。また、最近では、コンビニなどで手軽にコピーをとれる環境ですから、つい何でもコピーしてしまいがちです。でも、果たしてコピーが安いのでしょうか?コピー代として、支払う金額は、その都度で考えれば、大した金額ではないかもしません。でも、「塵も積もれば山となる。」です。けっこうな金額になると思います。それに、コピーに費やす時間はどうでしょうか?コピーって案外時間がかかるものです。同じ文章を何百万コピーするのと違い、保育士などの問題集のコピーの場合は、1枚1枚ページをめくって、その都度コピースタート繰り返します。熟練をすれば、かなりタイミングが合うようになってきますが、それでもかなり時間が掛かるものです。サイズの問題で、縮小や拡大をしたいならともかく、コピーを沢山するくらいなら、2冊問題集を買ってしまう方が時間コストはお得です。さらに、同じ問題などを複数冊持っていると時間コストだけではなく、もっと便利なことがあります。それは、持ち運ぶ手間を省けること。自宅、勤務先、専門学校など受験生活に必要な箇所は、誰でもいくつかあります。その場所に、同じ問題集を持っていると、問題集を持ち歩かなくていいことになり、かなり楽になります。勉強で苦労を強いられるのですから、こうした物理的な部分での苦労はなるべく軽減するのが、保育士一発合格のテクニックでもあるかも!

集中力

働きながらの勉強で保育士の資格試験に短期合格するためには、時間さあれば、いつでもどこでも勉強に集中することができるという習慣を身に付けることが必要です。よく旅先で「枕が変わると眠れない」という人がいますが、保育士資格取得への勉強においては、机がないと勉強ができない、愛用のペンがないと駄目、あるいは、図書館の中のような静かな場所でないと駄目などという人は間違いなく合格まで長期間を有するでしょう。保育士の資格取得に向けて、ガンガン音楽が鳴っている場所、隣で赤ん坊がギャー、ギャーと泣いている状況でない限り、どこでも資格勉強ができるよにしておきたいところです。喫茶店の中であろうが、電車の中であろうが、隣の席で普通の声でしゃべっている人がいるような状況でも、集中して勉強ができるように鍛錬をすることです。働きながら資格を取得を目指す人にとって、よほど劣悪な環境で無い限り、周囲に構わず集中できる能力を身に付けることは絶対に必要です。また、実際の試験においても、自分の席に座ったところ、隣の人のしぐさが気になったり、試験会場のエアコンなどの音が気になったりして、集中が出来なければ、保育士試験の合格も遠のきます。集中力を養うには、普段から、1つのことだけに集中して考えたり、作業したりすることを心掛けることが大切です。

保育士資格勉強の生産性

期限が迫っている仕事があり、それを片付けるために夜遅くまで残業して、あるいは夜遅くまで飲み歩いたといった場合、真っ先に犠牲になるのが睡眠時間です。1日は24時間と決まっており、通勤時間などは削ることはできません。結局削ることができるのが睡眠時間だからです。保育士資格試験の合格を目指して、1日のタイムスケジュールを考える場合も同様で、犠牲になるのは睡眠時間です。しかし、働きながら保育士の資格試験の合格を目指す場合、睡眠時間を大きく削るのは逆効果になることもあります。睡眠時間が不足すると一日調子が悪いという体質の方も多いと思います。寝不足で一日を過ごしても、すこぶる生産性が低い日を送ることになります。ですから、保育士の受験勉強中、どんなに忙しいときでも、睡眠時間を6〜7時間はとるように心掛けましょう。資格試験に早く合格するには、できるだけ効率的に試験合格に必要な勉強量を蓄積することが必要となります。勉強量は『質X時間』です。いくら試験勉強に費やした総時間が多くても、質が低ければ勉強量は少なくなってしまいます。働きながら保育士資格に挑戦する方にとって、最も重要な資源は『時間』です。合格のポイントは少ない時間で多くの勉強量を確保ことです。生産性を高めるスケジュールを考えてみましょう。

資格と勉強方法

当然ながら保育士資格試験に合格するためには、それに向けた勉強方法が必要になります。普通に参考書を読んで、適当に問題集をやっておけば合格するのは、私の知っている限り運転免許試験の座学くらいです。資格試験の勉強を続けていくのに大切なのは、勉強方法を知り、そして合格に向けてモチベーションを持続するのふたつです。

まず、学生さんは勉強する習慣がありますが、社会人で何年も机の上の学習をしていないのに急に、テキストと問題集の目の前にしても、やる以前にうんざりするだけでしょう。保育士の資格取得へ向けた勉強もある程度、「勉強する」ための訓練が必要なものかもしれません。

基本的に、資格試験の合否は「アタマ」のよしあしで決まりません。司法試験や公認会計士など、実質競争試験になっているような超難易度の高い試験を1発で合格するには、才能やこれまでに培った物の影響が大きいかもしれませんが、大半の資格試験においては「アタマ」より「努力」、「継続」にウエイトがあります。

「努力する方法・手段」をモノにしたらいろんな資格が取れます。ひとつの資格を取ったら他の資格にチャレンジするような人がいます。そのような人は、そのあたりのコツを掴んだからでしょう。私も資格を数個取りましたが、異なった資格でも勉強方法はほとんど同じでした。

多くの資格をもつ多資格者はアタマがいいのではありません。自分なりの勉強方法が確立されてるので、あとは時間と手間とコストを、受けようと思う資格のテキストや問題集に投入しているだけです。

保育士の資格を目指すのであれば、まずは自分にあった無理のない勉強方法を見つけ、合格までの青写真を考えることから始めることです?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。